こんにちは。頭痛治療家 平井です。

 

yjimage

 

新型コロナウイルス感染拡大により、兵庫県にも緊急事態宣言が出ました。
命にかかわる問題です。
不要不急の外出を自粛し、みんなで乗り越えて行きましょう。

 

外出を自粛することで、次なる問題が、健康管理です。

運動不足になったり、生活リズムが乱れたり、ストレスが溜まってしまいます。
学校が休校になっている子供たちは、給食とは違って、自宅では好き嫌いの意思表示も強く、栄養バランスも乱れます。
しっかり食べるが、運動ができていないことで、肥満にならないよう注意が必要です。

 

緊急事態宣言の最中でもできる、健康管理はどんなものがあるでしょうか?

本日は、太陽光と頭痛・健康についてのお話です。

 

太陽光の5つの良いコト

太陽は、昔からお天道様(おてんとさま)と呼ばれ、心身ともに重要であるというのは誰もが知っている事実だと思います。
日光浴、日向ぼっこは、どうして心身ともに大きな効果が得られるのでしょうか。

外出自粛の今だからこそ、太陽光の大切さを復習しておきましょう。

 

①ビタミンDの生成

太陽光を浴びることで、体内のコレステロールをビタミンDに変えることができます。ビタミンDは、骨や歯を作るのに重要な成分です。そのため「太陽ビタミン」と呼ばれたりしています。
赤ちゃんは、太陽光を浴びないと成長できません。また、太陽光を浴びるのが少なすぎると、骨折のしやすい子供になってしまいます。
さらにこんな働きもあります。ビタミンDがないと、ミネラルの吸収率が下がってしまいます。マグネシウムが不足すると偏頭痛を引き起こしやすくなりますが、マグネシウムはミネラルの一種です。
そのため、太陽光を浴びることは、偏頭痛予防にも繋がります。

 

②セロトニンの分泌

太陽光を浴びることで、幸せホルモン「セロトニン」が分泌されます。セロトニンは、精神を整える働きがあるため幸せホルモンと呼ばれますが、具体的にはこのような働きがあります。

・うつ症状を軽減
「冬季うつ」という言葉を聞いたことがありますか?文字通り、これは日照時間が少ない冬季にうつ症状が出やすくなるということです。春になると、日照時間が長くなるため、自然とうつ症状がなくなる人が多いですが、外出自粛の今は要注意です。太陽光を浴び、セロトニンを分泌することで、うつ症状を抑えましょう。

・不眠症の解消
セロトニンを原料にして、睡眠ホルモン「メロトニン」が分泌されます。メロトニンは副交感神経を優位に働かせ自然と体を休むようにコントロールしています。太陽光を浴びることで、メロトニンの生成につながり、睡眠の質を良くして行きましょう。睡眠が良質になることで、もちろん頭痛予防につながります。

 

③体内時計をリセット

人間の体には体内時計と呼ばれ、一日24時間を交感神経と副交感神経のバランスを取ることで健康を保たれています。
ところが、体内時計のサイクルは25時間と言われていて、普通に生活するだけでは、どんどんズレが生まれ体調不良につながります。
そのため、朝に太陽を浴び交感神経が優位状態になり、夕方に太陽が沈むことで副交感神経を優位にさせ、体内時計を調整しています。
朝日を浴びると、脳が活性化され元気に目覚めることができ、さらに頭の回転が良くなり、イキイキした一日を過ごすことができます。

 

④免疫力アップでコロナ退治だ

タイトルには、少し願望も入っています。しかし、免疫力がアップすることは事実です。①〜③に上げたように、ビタミンDが作られることで、ガンや糖尿病、高血圧、心臓発作、脳卒中の予防にもなり、セロトニンの分泌で脳機能が活性化されます。昼型の生活をしている人は、夜型の生活をしている人に比べ、病気にかかりにくというデータは明確に出ています。
太陽光を浴びて、コロナ退治だー!!!

 

⑤ストレス発散

優雅に日向ぼっこ。もう言葉を発するだけでもストレス発散になりませんか。
決して、気の持ちようだけではありません。
日向ぼっこをしていると、心拍数・血圧・呼吸速度・血糖値が下がるという医学的根拠もあります。
もちろん頭痛予防にも大きくつながります。
一日一回の日向ぼっこで、リフレッシュしましょう。

 

 

みなさん、太陽光の働きを改めて知っていかがですか?

今の時期、不要不急の外出は良くありません。ですが、健康のため日向ぼっこやお散歩などのちょっとした外出の時間は、作るようにしましょう。
今からの暑くなる季節は紫外線も強くなり、長い時間の外出は逆に健康を害する可能性もあります。
10時〜14時は、一日の中で最も紫外線が強くなります。
そのため、朝日や夕日がいいですね。春や夏の日差しであれば、15分ほど浴びればじゅうぶんです。
日光浴をしながらウォーキングされる方は、20分以上続けると有酸素運動になりますので、20〜30分を目安にされるといいかと思います。

外出がどうしても難しいというときは、カーテンを開けて室内で日向ぼっこをしましょう。
紫外線がどうしても苦手だという方は、長袖長ズボン、日焼け止め等、紫外線対策をして、手のひらを太陽に向けましょう!真っ黒に日焼けした子供達でも、手のひらだけはあまり焼けませんよね。手のひらは、メラニン色素が少ないため紫外線の影響が少ないです。
手のひらの日向ぼっこをしましょう。

手のひらを〜太陽に〜♫♫♫

 

日向ぼっこをして、頭痛予防・健康促進・コロナを乗り切ろう!!!

 

 

毎日の頭痛薬をやめたい!そのようなお悩みのある方は、

偏頭痛専門 神戸本山整体院 ぴ〜す

にお任せ下さい。

 

 

ぴ〜す(^^)v

 

 

 

 

 








偏頭痛専門 神戸本山整体院 ぴ~す

神戸市東灘区本山北町3-4-9甲南ビラ1F
JR摂津本山駅 北側線路沿い徒歩2分
受付時間:平日9:00~12:30・14:30~20:00 土祝9:00~19:00
定休日:木曜日午後、日曜日(完全予約制)
TEL 078-414-7360 または HP「ご予約・お問い合わせ」よりご予約お願いいたします


クリックでGoogleマップ表示

LINEで送る