こんにちは。 頭痛治療家 平井です。

これからどんどん寒くなる季節ですが、どうして寒くなると頭痛が増えるのか。本当の理由を知っていますか?

288x260x086153-e1439850303823_jpg_pagespeed_ic_CclnF7R4cq

 

今日は、寒さと頭痛の関係についてお話いたします。

 

寒くなると頭痛がヒドクなる原因としてまず考えられるのは、肩こり頭痛です。

寒いと肩をすくめるような姿勢が多くなり、肩がこります。

寒さで体温が下がらないように、筋肉は収縮することで熱を発しようとします。

そのため筋肉が収縮した状態で長時間過ごす事になるため、肩こり・首こりが発生します。

 

さらに、寒さ対策で、重量のある上着を着ることで、余計に肩・首がこってしまいます。

毎年これからの季節、頭痛がヒドクなる方は、

温める機能のあるインナーなどを着るなどして、軽めの上着に変えることをオススメします。

 

以上が、寒くなると起こる頭痛の原因として良く知られている、肩こり・首こりから起こる緊張型頭痛のお話ですね。

 

 

次に、あまり知られていないお話です。

寒さがひどくなると、片頭痛もヒドクなります!!

 

原因は、外と室内の温度差にあります。

外がどんどん寒くなると、家の中や、出先のお店の中の温度をどんどん暖かくなります。

すると、外の寒さで、収縮していた筋肉・血管が一気に緩んでしまい、脳内の血管が必要以上に拡張してしまいます。

この拡張した血管が、神経を刺激し、強い片頭痛を引き起します。

 

この季節、肩こり・首こりも感じいないのに頭痛がヒドクなる。

というかたは、温度差に体がついていけていない片頭痛の可能性があります。

 

この場合の予防としては、部屋の温度を一気に上げ過ぎないことです。

そして、何より外は寒くても、体が冷え症にならない努力をしましょう。

冷え性の人は、そうでない人に比べると温度差にとても敏感に体が反応してしまいます。

 

冷え性対策

・乾燥生姜を食べる

生姜は体を温める効果があります。

生の生姜よりも乾燥生姜の方が体の芯から温める効果があるので、乾燥生姜を料理に取り入れてみましょう。

・適度な運動をしましょう

運動に勝る健康法はありません。自分に合う継続できる有酸素運動をしましょう。

・しっかりお風呂にはいる

さっとシャワーではなく、一日1回はしっかり体の芯から温まりましょう。

 

 

寒さからくる頭痛は、対策をすると軽減することができます。

寒さで、頭痛もツラくなるという方は、

頭痛治療専門 神戸本山整体院『ピース』

へお任せください。

 

ぴ~す(*^^)v

 








偏頭痛専門 神戸本山整体院 ぴ~す

神戸市東灘区本山北町3-4-9甲南ビラ1F
JR摂津本山駅 北側線路沿い徒歩2分
受付時間:平日9:00~12:30・14:30~20:00 土祝9:00~19:00
定休日:日曜定休(完全予約制)
TEL 078-414-7360 または HP「ご予約・お問い合わせ」よりご予約お願いいたします


クリックでGoogleマップ表示

LINEで送る