こんにちは。 頭痛治療家 平井です。

isogashii_woman-284x255

 

たくさんの頭痛患者さんがいる中で、男性の頭痛患者さんの頭痛の原因

第1位は、PC姿勢からくる肩こり頭痛です。

 

長時間のPC姿勢は、どうしても肩や腰に負担がかかります。

姿勢が悪ければ、やはり慢性的な肩こり・腰痛になってしまいます。

PCの姿勢が悪いと、必要以上に眼も疲れてしまいどうしてもツライ頭痛が出て来てしまいます。

 

今日は、肩こり頭痛を防ぐ正しいPC姿勢について説明していきます。

 

tm_1402_vdt_b

 

・椅子は深く座りましょう。

椅子はしっかり深く座るようにしましょう。浅く座ると顎が上がり猫背になってしまいます。

猫背でPCを覗き込むように見ている人は、すぐに肩や首が凝ってしまいます。

 

・足裏がしっかり床に着くように座りましょう。

両方の足裏が床に着いている事で、両足で体重を支えることができ体のバランスを安定させることができます。

椅子の高さを調節できない人は、下に台などを置き調節しましょう。

 

・肘の角度は90~100度になるように。

肘の角度が、大きすぎても小さすぎても腕や肩に負担がかかります。

机や椅子の肘置きに、90~100度の角度ぐらいで肘を乗せて、腕の力を逃がしてあげましょう。

 

・モニターは、体の正面にくるように。

モニターが体の正面にならない置き方をすると、常に首をひねっている状態となり、首に負担がかかります。

またキーボードも真正面になるように置き、『B』が自分の真ん中になるように置くのが理想的です。

 

・モニターの上のラインが目線と平行になるようにしましょう。

モニターの上枠と目線が平行になるように座り、モニターを下向きで見るようにしましょう。

目線が上向きになると、通常よりも目を開いた状態で画面を見ているため、

目が乾燥しやすくなり、ドライアイや眼精疲労の原因になります。

 

・モニターと目の距離は最低40㎝以上あけましょう。

モニターまでの距離が近いと、目の負担が増します。

ノートパソコンの場合は40~50㎝、デスクトッップの場合は60㎝以上の距離は確保しましょう。

 

 

仕事でPCを使う場合はどうしても、肩・首が凝りやすくなります。

しかし、正しい姿勢になるように気をつけるだけで体への負担は大きく軽減されます。

是非一度、PC姿勢を見直してみて下さい。

その他、定期的に肩を回したり、首をストレッチしてみたり、デスクでもできるケアはしてみましょう。

 

 

PC姿勢の疲労からくる肩こり頭痛なら、

頭痛専門 神戸本山整体院『ピース』

にお任せください。

 

 

ぴ~す(*^^)v

 

 








頭痛専門
神戸本山整体院Peaceカイロプラクティック


神戸市東灘区本山北町3-4-9甲南ビラ1F
JR摂津本山駅 北側線路沿い徒歩2分
受付時間:平日9:00~12:30・14:30~20:00 土日祝9:00~19:00
定休日:不定休(ご予約を優先に受付しております)
TEL 078-414-7360 または HP「ご予約・お問い合わせ」よりご予約お願いいたします


map02
LINEで送る