こんにちは。 頭痛治療家 平井です。

昨日は、自律神経と頭痛の関係についてお話しました。

今日は、自律神経の乱れを整える方法をお教えします。

menu05-01

 

昨日のお話を読んでくださった方は、自律神経は、不規則な生活又は過度なストレス

によって乱れてしまうことは、理解していただけましたね。

 

ということは、自律神経の乱れを整えるには、逆に、

規則正しく、ストレスなく生活しましょう。

ということになります。

・・・・・・

わかっとるわ~ってツッコミがきそうですね。笑

 

今日は、どういう規則正しい生活をしたらいいかではなく、

ちょっとした簡単で、しかも唯一の方法をお教えします。

 

自律神経の乱れを整える、唯一の方法・・・?

 

昨日、自律神経は生活するうえで、無意識に体をコントロールしているというお話をしました。

よって、本来意図的にはコントロールできないものなのです。

 

しかし、唯一自律神経に強力に働きかける方法があります。

 

それは、『呼吸』です。

 

息を吸うと、交感神経が働きます。

吐くと、副交感神経を働かせます。

 

緊張すると、息が早くなり心拍数が上がります。

リラックスするには、深呼吸しなさいと幼い頃から刷り込まれているはずです。

これは、吸うというよりたくさん吐き、リラックスの神経である副交感神経を優位状態に保つことが目的だったのです。

 

姿勢が悪い人が多い現代、呼吸が浅くなり常に交感神経が優位の方が多いです。

日々の深呼吸を心掛けましょう。

 

深呼吸には、他にもこんなに良い効果があります。


胸の筋肉やお腹の筋肉を大きく動かすことによって、血液やリンパの流れがよくなり、疲労回復やお肌の新陳代謝も良くなる。
●胃腸も一緒に動くので、消化の働きも良くなる。

●高血圧を改善し、動脈硬化や血栓を予防して生活習慣病の予防になる。
●毎日のバタバタを一度時間を止めて、一日の反省ができる。笑
たった深呼吸をするだけで、こんなにも効果があります。

1セット5~10分として、最低でも1日2回は深呼吸するように心がけてみましょう。

もしできることなら、より効果的に

① 鼻から肺が完全に膨らむようにしっかり吸い込む

② 吸った時間の4倍の時間、止める

③ 吸った時間の2倍の時間かけて、口からしっかりはく

姿勢を正してこのやり方でやってみましょう。



今日から、意識して深呼吸を始めましょう!


ぴ~す(*^^)v

 








偏頭痛専門 神戸本山整体院 ぴ~す

神戸市東灘区本山北町3-4-9甲南ビラ1F
JR摂津本山駅 北側線路沿い徒歩2分
受付時間:平日9:00~12:30・14:30~20:00 土祝9:00~19:00
定休日:日曜定休(完全予約制)
TEL 078-414-7360 または HP「ご予約・お問い合わせ」よりご予約お願いいたします


クリックでGoogleマップ表示

LINEで送る