こんにちは。 頭痛治療家 平井です。

年を重ねると、物を見る時のピントを合わせる調整力が弱くなります。

すると、日常生活で字を読む時の距離である30センチ前後が見えにくくなってきます。

老眼ですね。

40代から60代初めに初めて自覚症状が現れますが、早い人で30代半ばから感じる人もいます。

今日は、老眼と頭痛の関係についてのお話です。

yjimage

 

当院の患者さんで、

老眼が始まってから頭痛がヒドくなった。

という人がかなり多くいます。

 

原因は、老眼による眼精疲労です。

ピントを合わす調整力が弱くなり、必要以上に目の周りの筋肉が疲れてしまいます。

眼精疲労を取るケアをしたら頭痛はおさまります。

 

眼精疲労を解消する方法は→こちら

 

老眼で頭痛で悩む人には、共通点があります。

老眼鏡をしたくない!!

 

老眼と書いて字のごとく、『老い』を認めたくない気持ちが強くなり、

老いから逆らうように、老眼鏡を持っていない人がかなり多いです。

 

ピントが合わない眼で、何とかして見ようとすると、

より目の筋肉は疲労し、眼精疲労になってしまいます。

 

最近では、とてもオシャレな老眼鏡もあり、

リーディンググラスと言ったり、アシストグラスと言ったりします。

 

一度、老眼が始まると、もうほぼ治ることはありません。

変に頑固にならずに、老眼鏡を必要なところでは使うようにしましょう。

 

老眼鏡を使うようになって、頭痛が減ってきたという意見をたくさんお聞きしています。

 

老眼鏡を買う前に、なんとか頭痛を治したいと思う方は、

一度、私にご相談ください。

 

目の疲れからくる頭痛なら

神戸・芦屋唯一の頭痛専門 神戸本山整体院『ピース』へ

 

 

ぴ~す(*^^)v

 

 


 








頭痛専門
神戸本山整体院Peaceカイロプラクティック


神戸市東灘区本山北町3-4-9甲南ビラ1F
JR摂津本山駅 北側線路沿い徒歩2分
受付時間:平日9:00~12:30・14:30~20:00 土日祝9:00~19:00
定休日:不定休(ご予約を優先に受付しております)
TEL 078-414-7360 または HP「ご予約・お問い合わせ」よりご予約お願いいたします


map02
LINEで送る