こんにちは。 頭痛治療家 平井です。

皆さんがお悩みの緊張型頭痛・偏頭痛、原因は鉄分不足かもしれません。

頭痛と鉄分不足が大きく関わっていることをご存知でしょうか?

yjimage

 

鉄分不足と聞くと、まず思いつくことは、貧血ではないでしょうか?

実は、貧血にも種類があります。

鉄分不足による貧血=鉄欠乏性貧血は、すべてのタイプの貧血の60〜70%を占め、

日本人の17〜49歳の女性のうち、6割以上がこの鉄欠乏性貧血と言われています。

そして、残りの4割の方も、数値上では現れない「隠れ貧血」の方が多いのが現状です。

よって、大多数の人が鉄分不足と言えますが、鉄分不足と頭痛の関係性を説明していきましょう。

 

鉄は、私たちが生きていく上で、非常に重要で不可欠なミネラルです。

にもかかわらず、体内で作ることができず、体外から摂取しなければいけません。

鉄によって、体の各細胞の機能が活性化されています。

そのため、原因不明の不定愁訴や慢性的な体調不良は、鉄分不足の影響かもしれません。

 

鉄の具体的な働きとしては、酸素の運搬や貯蔵、または、エネルギーの生成などが挙げられます。

そのため、鉄が不足すると、筋肉内に酸素やエネルギーが不足することになります。

筋肉内で酸素が減ってくると、筋肉の代謝や疲労回復が遅くなり、肩こり・首こり・慢性疲労が著しくなり緊張型頭痛を引き起こします。

 

また、脳が酸欠になり、偏頭痛も出やすい状況になります。

さらには、その体内の状況を改善しようと、体が頑張りすぎることで、

自律神経のバランスが崩れてしまい、

鉄分不足は、頭痛だけでなく、鬱やパニック障害、不眠症を引き起こすと発表されています。

 

このように、鉄分不足と体の不調は、大きな関わりがあるんです。

特に、毎月月経のある女性は、鉄分不足になりやすく、男性より偏頭痛の方の割合が多くなります。

 

では、鉄分不足を回避するにはどうしたら良いか!?

これを解決するには、先ほども述べましたが、鉄を摂取することしかありません。

しかし、鉄を補える食べ物といえば、

レバー・ひじき・煮干し・パセリ・イワシ・・・

といった、大好物とはいえない食べ物ばかりなので、なかなか頻度よく取れないため、「隠れ貧血」を作ってしまいます。

 

そんなあなたにオススメなものがあります。

鉄球です。

 

昔は、鉄鍋や鉄瓶で調理することで、成分が食品に入り鉄分を補給していました。

そして、近年、金物屋さんで、それらに変わる鉄球が売られています。

IMG_2253

写真のものは、

商品名【ザ・鉄玉子】と呼ばれる鉄球です。

これを、お茶を沸かすときや、グツグツ煮込む料理の中に一緒に入れ、数分して取り出してあげるだけで、

鉄を含む、お茶や料理が完成します。

これなら簡単ですね。

 

あなたの頭痛は、鉄分不足によるものかもしれません。

隠れ貧血かもとお思いのあなたは、ぜひ鉄分補給で、頭痛対策をしましょう。

 

長年の緊張型頭痛・偏頭痛でお悩みの方は、

偏頭痛専門 神戸本山整体院 ピース

に一度ご相談ください。

 

心よりお待ちしております。

 

 

ぴ〜す(^^)v

 








偏頭痛専門 神戸本山整体院 ぴ~す

神戸市東灘区本山北町3-4-9甲南ビラ1F
JR摂津本山駅 北側線路沿い徒歩2分
受付時間:平日9:00~12:30・14:30~20:00 土祝9:00~19:00
定休日:日曜定休(完全予約制)
TEL 078-414-7360 または HP「ご予約・お問い合わせ」よりご予約お願いいたします


クリックでGoogleマップ表示

LINEで送る