こんにちは。 頭痛治療家 平井です。

yjimageL0VJZ5FA

 

11月も下旬に突入しました。

これから、クリスマス・年末年始など混雑するところへお出かけすることが増えますね。

頭痛持ちの皆さんの中で、

人混みに行くと、必ず頭痛がする。

という方はいませんか?

 

人混みや、通勤電車やエレーベーターの中などの密集地で頭痛が出る。というのは、

頭痛持ちの方に非常に多い悩みになっています。

今日は、どうして人混みに行くと頭痛がよく出るのか。そしてどうしたら防げるのか。を説明していきます。

 

・刺激的な光・音・においで片頭痛を誘発

片頭痛の方は、太陽光や発光の強い電光、激しい音やにおいで頭痛が誘発されてしまいます。

普段は行かないショッピングモールや、街中へおでかけすることで、非日常的な刺激が多いことで、片頭痛が出てしまいます

寝不足など体調が悪い時に誘発することが多いため、体調を整えた上で、出かけるようにしましょう。

 

・脳内が酸欠になる

人混みや、満員の電車やエレベーター内は、酸素濃度が薄くなっています。脳内が酸欠になり、血管を拡張して脳に酸素を送ろうと働きます。

脳内の拡張した血管が神経を圧迫し、片頭痛になってしまいます。

酸素濃度が薄い場所での長時間の滞在は避け、人の少ない所で深呼吸をするなど、多めの休憩を取りましょう。

 

・パーソナルスペースの侵害

人間にはパーソナルスペースといって、自分の中で目に見えないテリトリーのようなものを持っています。

好きな人が近くにいるとドキドキしたり、または、苦手な人が近づくと嫌な気持ちになったりしたことありますよね。

人間は常にこのパーソナルスペースを意識しています。

 

一人で飲食店に行くと、無意識に周りに人がいないところを探したり。

電車に乗って、隣の人と一人分あけて座ったり、エレベーターでは最も離れられる対角に立とうとしたりします。

このようにパーソナルスペースを自分の判断で維持できるときはストレスなく生活できるのですが、

人の密集地では、無条件にパーソナルスペースを侵害されてしまいます。

そうすると、常に体にストレスを感じ、自律神経を乱し、疲労がみるみるうちに溜まってしまい、頭痛、めまい、吐き気、ダルサ、不安感・・・

が起きてしまいます。

パーソナルスペースは、個人差が大きく、強く意識してしまう人ほど、頭痛になりやすくなります。

イヤホンで好きな音楽を聞いたり、同行者と話をしたり、遠くを見ながら歩いたりすることで、パーソナルスペースを意識せず、リラックスできるように心がけましょう。

 

3つの原因と対策を説明しましたが、全てに共通した対策として、次のようなものも挙げられます。

・血行不良にならないように、こまめに水分補給をする。

・疲れすぎないように、休憩を多くとる。

・食いしばりを防ぎ、気分をリフレッシュできるように、スースーするガムを食べる。

 

 

人混みに行くと体調を崩したり、頭痛が出ることで、

私は何かの病気なの?精神的に何か問題があるの?と大きな悩みを持たれている方が多くいらっしゃいます。

しっかり原因と、対策方法があります。

自分はどのタイプかしっかり見極め、対策することで上手に自分の体と付き合っていきましょう!

 

 

神戸で頭痛外来を探すなら、

神戸本山整体院ピースカイロプラクティック

にお任せください。

 

 

ぴ~す(*^^)v

 

 








偏頭痛専門
神戸本山整体院Peaceカイロプラクティック


神戸市東灘区本山北町3-4-9甲南ビラ1F
JR摂津本山駅 北側線路沿い徒歩2分
受付時間:平日9:00~12:30・14:30~20:00 土祝9:00~19:00
定休日:日曜定休(完全予約制)
TEL 078-414-7360 または HP「ご予約・お問い合わせ」よりご予約お願いいたします


クリックでGoogleマップ表示

LINEで送る