こんにちは。 頭痛治療家 平井です。

頭痛治療をしていて、

『枕の高さと頭痛は関係ありますか?』

こんな質問をかなり多くの方からされます。

正解は、大いに関係します。

今日を、正しい枕の高さについてお話していきます。

147737

 

枕の高さが合っていない人は、

朝起きた時に頭痛がしている。

朝方、頭痛で目が覚める。

といった人が多いです。

 

詳しくお話を聞いていると、

枕の高さが高すぎる。又は枕が固い。

という点が共通しています。

その方たちの多くは、耳鳴りやめまい、腰痛なども同じように症状として出ているように思います。

 

睡眠時間は、一日のうちの3分の1を占めています。

少ない人でも5分の1は睡眠時間です。

そのため自分に合ってない枕で寝ることは、首や肩に負担をかけっぱなしで寝ている事になります。

 

人間の頭は、5~6キロ程あります。

姿勢よく立っている時が、もっとも首に負担のかからない体勢と言われています。

そのため、立っている時に近い状態で寝ることがベストの状態と言えます。

20121031illust02

具体的な数字的な目安としては、

仰向けで寝た時に、おでこと鼻の先端を結んだ線が、

床に対して約5度の角度を保っているのが、理想とされています。

qa_1124

 

枕の下から、枕が首に当たる首のアーチまでの高さが、約1~6センチ、後頭部までは約1~4センチが理想となります。

 

高すぎる方は、常に首の筋肉がパンパンに張っているため、特に頭痛になりやすくなってしまうのです。

高い枕で慣れてしまった方は、急に低い枕にすると、寝心地が悪くストレスになるため、

いきなり低くするのではなく、次の2つの方法を試してみて下さい。

 

●同じ高めの枕のままで、肩にバスタオルなのどを引き、肩の高さを上げる。

●枕の代わりに、バスタオルをたたみ何枚か重ねて、いつもの高さの枕ぐらいにし、

数日ごとに一枚づつ取り除き、徐々に低い高さに調整する。

 

頭痛がひどくなればなるほど、枕を2つ重ねてみたり、中には3つ重ねている患者さんもいました。

少しずつで構いませんので、適切な高さになるように調整していきましょう。

 

また、寝返りをうつことで体の補正を行っているため、適切な高さの枕を使用すると寝返りをしやすくなります。

枕から頭が落ちると、その瞬間に寝違いを起こす方がとても多いです。

そのため、頭が枕から落ちないように、少し大きめの枕をオススメいたします。

 

最適な枕で、頭痛を軽減させましょう!

枕の高さ調節指導もさせていただいております。

頭痛の事なら、

頭痛専門 神戸本山整体院『ピース』へ

 

ぴ~す(*^^)v

 

 








頭痛専門
神戸本山整体院Peaceカイロプラクティック


神戸市東灘区本山北町3-4-9甲南ビラ1F
JR摂津本山駅 北側線路沿い徒歩2分
受付時間:平日9:00~12:30・14:30~20:00 土日祝9:00~19:00
定休日:不定休(ご予約を優先に受付しております)
TEL 078-414-7360 または HP「ご予約・お問い合わせ」よりご予約お願いいたします


map02
LINEで送る