おはようございます。 頭痛治療家 平井です

1-C-YOS158

当院に来院される患者さんの中で、

病院で自律神経失調症と診断されました。という方がたくさんいらっしゃいます。

今日は自律神経失調症からくる頭痛のお話です。

 

自律神経失調症と言っても、症状については個人差がかなりありますので、

今日は、当院の患者さんに多いケースでお話していきます。

 

自律神経失調症とは、病名ではありません

自律神経のバランスが崩れた時に起こる、症状の総称をさします。

身体が調子悪い時に原因がはっきりしないことがありますが、そんな場合に診断されることが多いです。

 

症状としては、寝汗や冷や汗などの異常な汗。慢性的な頭痛、肩こり、下痢、めまい、不眠症、疲労感・・・いわゆる不定愁訴です。

 

ん・・・?私も当てはまるという方結構多いのではないでしょうか?

というのも、身体の不調は、ほとんどの場合が自律神経バランスの崩れから起こるからです。

それが、慢性的なものか一時的なものかの違いだけです。

 

自律神経とは、自分で無意識に体をコントロールしている神経です。

心臓の働き、内臓機能、血流、血圧、汗、ホルモンバランス・・・など、生きて行くうえでのそれぞれの器官のコントロールです。

 

さぁ一週間後に大事な大事な試験があります。勉強しなくては、寝る暇もない・・・ん~

ストレスが溜まりイライラする~ご飯も喉に通らないよー。

食べてもすぐお腹壊すよー。

しかも、寝不足肌も荒れるし、肩もこるし、腰痛頭痛も。

試験当日は、心臓バクバク手汗がヒドイ、緊張で体も顔もこわばり口がパッサパサ

終わった~

眠いお腹すいた~とにかく眠い~。

数日後、肌治ったーやばい一気に太った~。

 

こんな経験はないでしょうか?

これ全部自律神経のバランスを崩したことから来ています。

自律神経とは、

体や心を活発にさせる交感神経

体や心を休めてリラックスさせる副交感神経

からなり、この2つの神経が交互に働きながら体をコントロールしています。

imbalance_01

 

そのため、過度なストレス、睡眠不足、過度なリラックス、不規則な生活などで、このバランスが崩れてしますわけです。

 

そして、これらの症状が慢性化していき、病院へ行くと自律神経失調症と診断されてしまうということです。

しかし、大きな原因があっての病気とは異なるため、

意外や意外ただの「首こり」のせいだったという場合がとても多いのです。

 

PCやスマホのし過ぎにより、首がこり、首の神経・血流のつまりが生まれます。

脳からの指令が正常に働かなくなり、自律神経失調症になってしまいます。

そんな、首のつまりをとって行くのが私の仕事です。

 

頭痛だけでなく、自律神経バランスの崩れも整えていきます。

 

ちょっと今日は、複雑なお話をしましたが、とても大切なお話です。

しっかり自分の症状と向き合い、ゆっくり治していきましょう。

明日は、自律神経のバランスの整え方についてのお話です!

 

※自律神経失調症は、うつ症状やパニック症状、各器官に異常を出したりもします。ただの首こりの場合もあるというだけで、当然全てではありません。

慢性的に症状が出る場合は、どんな状況であれ一度専門機関での受診をオオススします。

 

 

今日も雨でも、雨にも負けずscissors.gif
 

ぴ~す(*^^)v

 

 








偏頭痛専門 神戸本山整体院 ぴ~す

神戸市東灘区本山北町3-4-9甲南ビラ1F
JR摂津本山駅 北側線路沿い徒歩2分
受付時間:平日9:00~12:30・14:30~20:00 土祝9:00~19:00
定休日:日曜定休(完全予約制)
TEL 078-414-7360 または HP「ご予約・お問い合わせ」よりご予約お願いいたします


クリックでGoogleマップ表示

LINEで送る